2009年7月21日

「OJT」の意義とインソース流OJT研修

執筆者: WEBインソース編集部

毎日の業務に追われていませんか?

自分の業務でさえ手一杯な時あなたは自分の部下や後輩に親切に仕事を指導することができますか?自分に余裕があるときは、丁寧に時間をかけてきちんと指導も出来るでしょうが、忙しいとついつい「ごめん、今忙しいの、後にしてくれる?」といってしまうのではないでしょうか。

部下後輩を指導育成するメリット?「OJT」の意義

OJT(On the Job Training)とは、各職場において、部下・後輩の育成をすることを指しますそのメリットとして以下の3点があります。

1.教育を受ける者の能力にあった、適切な指導が行える
2.必要があれば、その場で即座に実施が出来る
3.職場の状況に合った実践的な指導が出来る

とはいえ、OJTは、単に「職場で部下にわからないことを教える」ことではありません。育成担当者自身がOJT教育を通して、自分の知識やノウハウを整理できますし、部下や組織にとっても、注目すべき意義があるのです。研修ではまず、「OJTとはどういうものか」、そして「OJTの意義と必要性」をみな様にお伝えいたします。

新人は不安でいっぱい

新人は、職場や業務に充分慣れ親しんだ方には思いも寄らない悩みを抱えている場合があります。例えば、「建物のレイアウトが複雑で、よく迷う。そのせいで、ミーティングに遅れそうになる」だとか、「あまりにもPCを使った作業が多く、業務を覚える事よりもPCスキルを覚えるので大変」など。しかし、一番多く上がってくる意見は、やはり「職場の雰囲気に馴染めるかどうか不安」だったり、「先輩や上司とうまくコミュニケーションがとれなくて困っている」という人間関係に関わるものが多いです。育成担当者の方も、「良好な人間関係の中で、指導・教育を進めたい」と思っておられることでしょう。とはいえ、「優しすぎたり、甘やかしすぎたり、変に気を遣いすぎたりする」のは、また少し話が違ってきます。

当たり前の話ですが、新人は社会人としても未熟であることが多いですし、業務知識や仕事の進め方については「ほぼ何も知らない」のが普通です。ベテランの職員様も、その点について頭では理解していても、時々は「これはだめだ!」と新人を叱りつけたくなるような場面はないでしょうか。しかし、良かれと思って「叱った」ことが、「叱られた」側を傷つけたり、あるいは「反感を買う」ことになっては、元も子もありません。

上手く指導するスキル?「ほめる」・「しかる」

実は「叱る」前には「きちんとほめる」は、非常に大切です。インソースのOJT研修では、この「ほめること」の重要性を知って頂くために、実際にほめる実演をしていただきます。この実習を通して、普段、部下・後輩を「ほめ慣れていないか」について気付いて頂きます。そして、続いてこの「ほめる」ことが上手な人が、実は「叱り」上手でもあることをご説明いたします。 「人から叱られる」ことが好きな方はいないと思います。特にその叱り方が感情的であったり、何を叱られているのか分からなかったりすると余計に嫌な気分にもなります。そこで研修では、「叱り方の手順」をお伝えします。「叱る」という形で、物事を部下・後輩に伝える時にはタイミングや場所、「聞き方」「伝え方」が重要です。「叱ると怒るの違い」を踏まえ、適切に「叱る」テクニックをご説明します。

グループワークで、育成担当者の悩みを共有する

いざ、新人が自分の部署に入ってくると、育成担当者のみな様は通常の業務に加えて、部下・後輩指導の役目が降りかかってくるわけですから、いつも以上にお忙しくなられると思います。しかし、指導・教育において、時には「どうしよう、困ったな」「誰かに相談した方がいいな」という局面も出てくるはずです。また、「他の育成担当者はどのようにやっているのだろう」と疑問に思うこともあるでしょう。ただ、あまりにもお忙しく、また組織上のご都合で、なかなか他の育成担当者の方と悩みを共有する時間もないのではないでしょうか。

そこで、「特に問題なく見えた新人がある日突然辞めたいと言ってきた。何が原因かもわからない。こんな時どうしたらいいのだろう?」といった、皆様に身近な問題を研修の最後に考えて頂きます。ディスカッションを通して、意外な解決策が見えてくるかも知れません。

育成担当者様も、悩みながら指導・教育に当たられているはずですから。研修の場を借りて、「育成担当者同士の親交を深め、今後に役立てていく」ことも、この研修の特徴です。

関連研修:OJT研修


 

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら