新入社員研修「絶対!忘れてはいけない10のポイント」(1)
2009年9月14日

新入社員研修はまず会場の確保から

執筆者: WEBインソース編集部

大原則:【できる限り早く会場を押さえる】

当たり前のことかもしれませんが、新入社員研修の会場は、できる限り早く押さえて下さい。値段が安く、環境も良い自治体の公共施設は、早くから予約が入ります。1年くらい前から、会場を押さえても早すぎることはありません。とはいえ、現在、研修会場でお困りの担当者の方もいらっしゃると思います。そんな方に、本日は、研修会場の「穴場」をお教えします。

研修会場探しに困ったとき

研修会場の穴場があります。

【その1】自社の部屋の有効活用

「灯台下暗し」ということもあります。社内およびグループ会社などの施設が使えるかもしれません。担当の総務の方に聞いてみて下さい。自社関連の施設を使えれば、コストも安く済みます。

【その2】不動産会社の物件

例えば、移転直後の事務所や、不動産会社の手持ち物件など、1ヶ月間だけ空き室を借りることができる物件があります。その中には、研修会場として使用できるものも少なくありません(これは本当に「穴場」です)。近くに、不動産屋会社があれば、聞いてみてはどうでしょうか。

【その3】民間の研修室の斡旋業者に問い合わせる

それでもだめならば、最終手段として、研修室を紹介している業者に問い合わせてみましょう。

例えば・・・
「JOBAセミナーサポートセンター」
http://www.joba.co.jp/
「MIC(ミーティングインフォメーションセンター)」
http://www.mic-n.co.jp/

立地条件

新入社員は、入社日数が一番短くても、好奇心に満ち溢れているため、会社への関心は最も高いです。ここで、会場費をケチって、あまり良くない環境で研修をすると、新入社員の愛社心やモチベーションにも影響しかねません。また、新入社員に、安心して学べる環境を提供すれば、彼ら彼女たちの将来に期待をしている社長・役員は安心するでしょう。

良い立地の研修会場とは、

【1.自社に近いこと】

新入社員の負担にならないよう、あまり遠い会場は避けましょう。
また、研修の雰囲気を気軽にのぞくことができる、という観点からも、「自社に近い」に越したことはありません。

【2.周辺環境が研修に適した地域】

新入社員が遊び気分にならないように、あまり繁華街などに近くない会場の方が良いでしょう。
まれですが、新入社員研修の時期に、講義が終わった後、近くの繁華街に遊びに行き、酔って暴れて問題を起こしたという話も聞いたことがあります。

【3.設備ができる限りきれいなこと】

あとは、もちろん、研修能率を左右する机やPCなどの設備ができるだけ整っていた方が良いでしょう。

周辺地域への気配り

人の出入りが増えることで、研修会場周辺にご迷惑をかけることもあります。「いつからいつまで、研修を行います。ご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願い致します」というように、会場近くのお店や会社などに、挨拶をしておいた方がよいでしょう。
 

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら