2009年10月 1日

イカすプロジェクトマネージャーになるための極意 (前編)

執筆者: WEBインソース編集部

客ネゴがとにかくできる!

IT系は、とにかくお客さんがシステムの事なんて全く分かってないですから。そういうお客さんに対して”御用聞き”スタンスのMGRは最悪です。仕様変更は頻発、納期は変わらない、予算も拡張されないから人も増えない、結果、一人でやらなきゃいけない仕事は増え続ける。まぁどこのプロジェクトでもよくある事ですが。

デキるMGRはお客さんですらプロジェクトメンバーとして「使ってしまう」。仕様変更なんて言おうものなら「システム構築は家を建てるのと一緒。今更大黒柱の位置を変えてくれと言われてもそれは無理。家族会議に出なかったあなたが悪い」と言い放ちます。

お客さんは怒らせっぱなしのMGRは三流ですが(スタッフも仕事がやりづらくなるので)、適度に「お客さんのせいにできる」のは重要なスキルだと思いますね。結果納期も守れるし、予算も守れる。クライアントにも会社にも貢献できるんですよね。

また家族会議にキーマンを参加させるのが上手いですよ、デキる人は。システム部がバイヤーでもエンドユーザーをちゃんと設計フェーズの時に参加させますよね。結局エンドユーザーが「いい」と言わないとプロジェクトが成功したことにならないのをよく知ってるわけです。

プランニングに時間をかける、プレイングマネージャーだがプレイヤーの時間が短い

これは重要ですよ。ダメなMGRはだいたい「作業をしちゃう人」が多いですね。自分でやったほうが早いとか、人がやったのは信じられないとか言って、作業をやってしまう人はMGRとしては失格です。

あとで書く「育てる意識が低い」とも共通するんですけどね。自分がやったほうが早い状況を無くすにはどうしたらいいのか?人が作ったものの品質を一定水準以上に保つにはどうしたらいいのか?そういうことを「考える」ことに時間を割くのがMGRです。見てるとデキるMGRはここが上手いように思います。

とにかく社内のことは「考えるだけ」で作業はしない。やっても大まかな管理まで。こういう人がトップの時は上手くいってる確率が高いですね。

MGRがプレイヤーになる必要がある時は2つしかないと思ってます。

  • お客さんとの交渉
  • 社内調整(特に人材の調達)

これだけですよね。予算管理ですらプロジェクトマネージャーはやっちゃダメだと思います。

あとやっぱり最初に時間をかける人ですね。成果物の定義とかレビューのルールとか、アウトプットとフローを整備してスケジュール作成の序盤にかなりの時間をちゃんとかける人。大抵のプロジェクトは「もう既に時間がないから、走りながら考えろ!」ってなりますが、走りながら考えるのが難しいのをよく知っている人はそういう無謀なことをしないですね。

管理職としての意識が高く、スタッフを育てようという気概がある

管理職という意識がない人がいたり、管理職を履き違えている人が多いですよね。管理職は大きく「客の管理」と「スタッフの管理」がありますが、特にIT系って「スタッフの管理」をしない人が多いです。SEも所詮「人間」ですから、やっぱりMGRから「頑張ってる?」なんて日頃から声をかけてもらってるだけでちょっとやる気が出るもんです。

でもスタッフのモチベーションに無頓着な人は仕事の事しか考えてない。結果、仕事ができない(笑)。飲み会を開いたり、フィードバックをする時間をもったり、そういうことを率先してやってくれるMGRは人気があります。人気のあるMGRがやっているプロジェクトは火が噴いても若手が頑張るんですよね「あのMGRがやってくれっていうんだからしょうがない」って。そういうスゴい基本的な「人の付き合い」がやっぱり人の上に立つ人には大切ですね。

結局自分以外の信頼できる人をたくさん育てられる人は自分が楽できますから、例えばプロジェクト管理をほっといて次の営業に向かう、なんてことができちゃいます。人を育てるってことは自分がもっと仕事がしやすくなるってことですからね。確かに生みの苦しみはあるんですが、それが我慢できないと結局自分が損をしちゃいますよね。

あとぶっちゃけた話「デキる」MGRは「使えない人」の使い方が上手い。ダメMGRは使えない人に「お前は使えねーな!」と怒ってばっかりで自分の無能さをさらけだしてるんもんですが、デキる人はもし内心「ホントにこいつはあほだなー」と思っていてもスタッフと接する時は愛がありますよね。で、コキ使うのが上手い。使えない人にそういう人用の仕事を振るのが上手い。もっというと、そういう「プロジェクトの構造」を構築するのが上手いですよね。

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら