2009年10月15日

イカすプロジェクトマネージャーになるためのタブー

執筆者: WEBインソース編集部

抜群のIQの高さを誇り、プレイヤーとして引っ張る

このタイプの人は一見すると優秀そうに見えます。火がもう噴いてしまったプロジェクトに投入にするには良かったりします。特に末期症状のプロジェクト。優秀な人って優秀じゃない人がどうして優秀じゃないのかが分からない(笑)。ここが分かれ道ですよね、二流と一流の。自分だけ優秀でもしょうがないですからPMは。

全部自分で仕切るような状態になるとスタッフが考えなくなる。考えないからまた「こいつはアホだ」とそのIQ系MGRも思う。そうするとさらに任せられなくなる。悪循環です。

少人数のプロジェクトならいいですが大規模プロジェクトになると収集がつかなくなります。しかも痛いことにこういうMGRの下で働いていた人たちは次のプロジェクトでも「使えない」ことが多い・・・。自分で考える癖がなくなってますからね。悲しいですよね。会社にとって損害です。

レビューしない

PMのレベルの話ではないかもしれませんが、リーダーの立場にある人はこれが基本中の基本の作業なんですよね。品質を保つことと下を育てる事を同時に行えますから。つまりスタッフの為にもなる、スタッフが育つから会社の為にもなるし、自分も楽ができる。そして品質が保たれるからお客さんも喜ぶ。だからレビューは基本中の基本であり、極意だと思っています。

レビューしないというのは「そいつを信頼しているから」の域を越えちゃってるんですよね。これが分かってない人がたまにいます。

専門分野に弱い(システムなら基盤回りをよく知らない)

システムと業務の利害が反するような場面ってありますよね。コスト面とかもそうなんですが。PMは専門家である必要はないんですが、あまりにも知らないと流石に「おいおい、勉強しとけよ」と思いますね。最終決断する時に間違っちゃうんですよね、はっきり言って。

システム系のプロジェクトならシステムをよく分かってない人がPMになると結局ランニングコストがえらい高くつくシステムをつくっちゃったり、ちょっと極端ですが、分野によっては「それは法律に触れちゃいます」みたいなのを解決策として提示してしまったり。PMは専門家じゃないはずなんで、逆にちゃんとジェネラルなスキルがないとまずいですよね。

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら