2009年11月26日

プレゼンの失敗と教訓?3つの理由とその他

執筆者: インソース取締役顧問 大島浩之

プレゼンの失敗

もう20年以上前でしょうか。私自身の失敗事例からお話しましょう。

あるとき、上司から、うまいプレゼンだと褒められたことがあります。詳細は忘れましたが、こんなやり方です。

「主な理由は3点。第1に、・・・。第2に、・・・。そして第3に、・・・。」とか「重要なポイントは3点。まず第一に、・・・。次に・・・。最後に、・・・。」などの説明のしかたです。

実は、この説明のしかたは、当時、ある有名なシンクタンクにコンサルティングを依頼した際、コンサルタントの方がしていたプレゼン方法を真似したものです。

今と違って、このような方法は、世に知られなかった時代です。確かに、理由やポイントは1つや2つでは少な過ぎてよく考えていないのではないかとみられます。

また、逆に4つや5つとなると多すぎて整理がされていないのではないかとみられます。

ということで、落ち着きどころがよいのが「3つの理由」「3つのポイント」です。

ところが、足元をすくわれたといってよいでしょう。ある改善企画のプレゼンのとき、ある役員から「主な理由はわかりました。

ちなみに、4番目の理由は何か教えてください。」という質問を受けました。突然の想定外の質問に、頭の中は真っ白。おそらく、しどろもどろないい加減な回答をしたと思います。

完全に信頼を失ったと思いました。実は、4番目以下の理由など考えていなかったのが実状でした。

失敗から得た教訓

以上から、「予備として、4番目の理由や4つ目のポイントを準備しておくこと」という教訓を得ました。

言葉を変えて言いますと、「4番目は何ですか?」という“いじわるな問い”に対しては、4番目は聞かれた場合だけ答え、5番目以下を「その他」とみなすということです。

今だからいえますが、私が3点にまとめあげる方法を多用した本当の理由は、記憶力に対するコンプレックスです。

ですから、私にとって、分類で「その他」というのを発見したときの喜びは何よりもだったのです。「その他」=忘れてもよいものというのが私流の定義です。

オススメのプレゼン方法

ちなみに、突然の質問に対して、断定調ではなく、「考えられる理由として、思いつくのは次の3点です」といって、その間に考えながら話すという回答方法は、経験上、好評です。

また、「極力、洩れなくダブり無く整理分析する癖をつける」という方法はプレゼンの基本中の基本です。

もう一つ、私にはやや苦い経験でありますが、先述の、優先順位付けして、「3つの理由」「3つのポイント」として説明する点は依然説得力があります。

 

■関連研修 プレゼンテーション研修

■関連メルマガ キーワードで知る!コンサルの「眼」

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら