2010年1月 4日

事務リスクの防止対策を検討する

執筆者: WEBインソース編集部

仕事の標準化

誰がいつ行っても同じ手順という「仕事の標準化」が重要であることは言を待ちません。最近は、職場にベテランが少な い、若手や非正規社員で構成された職場も多くなっていますので、仕事の標準化が大きな課題になっています。標準化を徹底することで、リスクは間違いなく軽 減し、さらに業務改善にもつながります。

また、合併を経験した職場では、ルールを統一することでリスク管理と業務改善が同時に実現できます。
加えて、注意したいのは、類似業務についても「共通手順」にした方が良い場合があることです。時に、社会的なリスク削減を考え、組織を超えて「共通化」した方 が良い課題もあります。
例えば、最近まで、水道栓の止水方法(上げ下げ)がメーカーによって違っていました。大手のX社はレバーを下げると水が出て、上げ ると止まるのに対して、ライバル会社Y社はこれとは真逆でした。社会的にリスクになりかねない事象といえるでしょう。(現在は、下げて止まるという方式が 国際標準・国内標準化して統一されています。)

組織全体で同様の標準をしないと、効率が悪いばかりか、ミスを誘発する原因になります。この点で、標準化という業務改善策がリスク軽減策にもなります。
実際、人間工学的に、世の中の標準になっている色の使い方(例:赤・黄・青)とか、スイッチ(例:右回しがオン、左回しがオフ)、配置(例:水と湯の蛇口はそれぞれ右・左)など知っておくと便利です。

プチ機械化・プチシステム化のすすめ

当たり前に行っている現場の業務のごく一部を機械化・システム化するだけで、ミスを大幅に防止することもできます。それだけでなく、劇的に効率が向上することがあります。特に連続処理は「機械化・システム化」のチャンスです。

同じ仕事や処理を連続して行うことは、人間よりも、機械のほうが圧倒的に向いています。人間が行う作業時間を10分の1にまで短縮することも時には可能です。是非、プチシステム化を検討下さい。
具体的には、計算業務(書類、紙幣の枚数を数える)、印刷業務(顧客名の印刷)、連絡業務(自動送信メール)などは、簡便にシステム化できる分野です。

ただし、システム化には、抵抗がつきものです。現場社員が努力してできるようになったことは機械化・システム化の埒外に置かれ、リスク軽減策や業務改善の盲点になる場合があります。

“分業”を見直す

“分 業”は「単純」「大量」の作業を効率化する上で有効です。しかし、良いことずくめではありません。実は分業が引き起こす不経済は随所に見られます。
実際、 分業は、工程が短い業務や複雑な業務には不向きです。それは作業分担する際に伝達・調整に多くの時間を割かないと正しく分業できないからです。さらに、責 任の所在が不明確になり、分業者の仕事に対する責任感も希薄化します。

実際に仕事をしている現場社員自身も、“昔から決まっているので分業しているが、自分で全部やる方が早い。人に仕事をまわすのは嫌”とか、“どうせ、またこちらに戻ってくる”と考えている場合があり、分業の見直しもリスク対策や業務改善の大きなポイントとなります。

まれな業務は“集約”すべき

“集約”といえば、一般に、大量の業務を集約することが多いですが、1ヶ月に1、2日しか行わない“まれな”仕事を集約することでリスクが軽減し業務効率がアップすることがあります。

また、各部署で同じような仕事があれば、それを集約して一定の仕事量を確保し、その仕事を専門の部署が特化して行うことでも業務が効率化し、リスクも一元管理できます。
社内全体で、そのような仕事の洗い出しを行ってみるのも良いかもしれません。

 【業務洗い出し・リスク評価・対応シート】

関連記事:事務リスクを管理するには?事務リスク管理研修の実施方法

関連研修:リスクマネジメント研修業務改善研修

関連メルマガ:キーワードで知る!コンサルの「眼」

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら