2010年5月 5日

インソース新入社員・小幡が「仕事の進め方研修」をリポート!

執筆者: WEBインソース編集部

こんにちは。インソース新入社員の小幡でございます。
だんだん会社の雰囲気にも慣れてまいりました。
毎日目標を立てて行動するとヤル気もあがりますね!
今回は「仕事の進め方研修」をレポート致します。

仕事はチームで行うもの

仕事を進めていく上で重要なこととは一体何でしょうか?
仕事とは、一人ではなくチームで行うものです。
そのため、チーム内の円滑なコミュニケーションは非常に重要です。
また、個人の仕事のペースはチームの仕事のペースに大きく関わってきます。
この研修では、チーム内でのコミュニケーションの取り方と、一人一人効率よく仕事を行う上ための方法を学びます。

ホウレンソウを鍛える

まず、コミュニケーションのワークとして、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」の演習を行いました。
まとめられてない報告の例を分かりやすい報告に直すというワークです。
複雑な事実から重要なポイントを抜粋して日付、主語を確認しながら文書作成するのは「ビジネス文書研修」で学んだことです。
また、報告は上司に対するものなので敬語もしっかり使えなければなりません。
これは「ビジネスマナー研修」で学んだことです。
そのような意味では、「文書研修」と「マナー研修」の総復習ともいえるワークでです。
「ビジネス基礎研修」でも「ホウ・レン・ソウ」の演習はあるのですが、「ビジネス基礎研修」の演習よりもさらに難易度の高い演習でした。

PDCAで仕事の効率を高める

個人の仕事の効率を高めるにはどうすればよいでしょうか?
PDCAサイクルはご存知ですか?
計画(Plan)を立てて、実行(Do)しながら、同時によりよい方向に進んでいるか評価、検証(Check)し、問題があればそのつど解決して改善行動(Action)を取る。
この一連のサイクルを繰り返し、仕事の改善が可能になる。というものです。
しかし、PDCAサイクルを頭では理解しているものの、具体的な行動をどうすればいいかは難しいですよね。
このPDCAサイクルに関しても具体的な業務例からどう計画すべきだったか、どう変更に対応すべきだったかを考える演習があります。
具体的な業務に落とし込んで考えることができるので、PDCAサイクルの活用方法も理解しやすいものでした。

新入社員の皆様はこれから仕事の進め方の基礎を学ぶ機会として、
既に社会人経験のある皆様は一度自分の仕事の進め方を振り返る機会として「仕事の進め方研修」の受講をおすすめ致します!

■関連記事:インソース新入社員・小幡が「ビジネス文書研修」をリポート!
■関連記事:インソース新入社員・小幡が「プレゼンテーション研修」をリポート!
■関連記事:インソース親友社員・小幡が「ビジネス基礎研修」をリポート!
■関連研修:仕事の進め方研修

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら