2010年10月 4日

研修内製化のお悩み相談(4)「2010年の研修トレンド」

執筆者: WEBインソース編集部

研修内製化にあたって、研修計画をたてる際、「他の会社はどんな研修をしてるんだろう?」「うちの会社はこの研修をやりたいと思っているが、最近のトレンドにのっているのかな?」と思われる担当者様もいらっしゃることと思います。そこで今回は、2010年の企業内研修のトレンドをご紹介いたします。

 

地道な人材育成ブーム

リーマンショック後の不況の影響から、多くの企業が人材教育コストを削減しています。一方で、組織のタガを締め直し、組織を徹底的に強化しようという動きがあるのも事実です。よって、業務改善研修など、組織基盤を強化する教育研修には引き続き、各企業が本気で取り組んでいます。

 

部長研修、課長研修、係長研修強化へ

最近話題になっている組織のフラット化に対応し、中間管理職を強化しようという動きが、各企業で顕著に見られます。なかでも、課長・係長の登用前研修などはどの企業でも力を入れているテーマです。内容としては、マネジメント・リーダーシップを中心としてテーマを取り扱っている企業が多いですが、事業戦略策定研修のような、次期幹部候補を養成するというねらいに基づいたテーマも増えてきているようです。
【参考: 経営戦略研修 ?戦略策定とリーダーシップ強化編(3日間)

 

人材評価制度の見直しが顕著

最近の人材評価制度では、以前のような成果絶対主義は敬遠される傾向にあります。むしろ、多くの企業が、組織貢献度、部下育成などが評価される制度へ回帰しはじめているといえます。それに伴い、コーチング、OJTといった部下育成系の研修のニーズが増加しています。また、評価制度の見直しに際して人事評価研修を積極的に行う企業も増えてきています。
【参考: 評価者・考課者研修 ?人事評価と部下のモチベーションアップ編(1日間)

 

教育研修体系の見直しが顕著

前述したような、人材教育の変化に伴い、多くの企業が教育体系の見直しに取り組み始めたようです。具体的には、研修体系の内容が、より現実的になってきた、といえます。地道にかつ着実に、組織力を強化するための、CS強化、営業力強化、コンプライアンス強化などを盛り込んだ研修体系を志向する傾向が強くなってきました。

 

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら