2011年7月 1日

インソースにNHKがやってきた!?LED電球授与式の様子

執筆者: WEBインソース編集部
撮影風景DSC_0050.jpgインソースは全力を挙げて節電活動に取り組んできました。この度、これまでの節電プロジェクトで節約できた電気代を原資とし、社員全員にLED電球を現物給付することを決定しました!しかも、なんと、そのLED電球授与式をNHKが取材に来てくださいました!

その様子をレポートします。

 

 

 

 

 

タップ 003.jpgまずカメラのターゲットになったのが「インソースはどんな節電をしているのか」という点。 

左の写真をご覧ください。パソコンやプリンターのコンセントが差し込んであるタップ。これは普段、机の下など見えないところに隠していましたが、今は、目立つところに置いています。

なぜかというと、帰宅時、写真手前のオレンジ色のスイッチを切ることで、待機電力をゼロにしています。いくつものコンセントを抜くよりも手軽でおすすめです。

 

 

 

パソコンの画面切ってます。DSC_0080.jpgまた、帰宅時だけではなく、離席するときは、モニターの電源を切ることもインソースの決まりです。

簡単なことなのに、やってこなかったムダなこと。「節電してる!」というよりは、当たり前のことですよね。

 

 

 

 

 

110627 019.jpgこの夏、大活躍の扇風機たちです。例年比4倍のペースで売れているというニュースを見ましたが、インソースでも大量に増員しました。おかげで、この夏、ほとんどクーラーを使用していません。

 

 

 

 

 

 

電球入った紙袋DSC_0164.jpgさて、肝心のLED電球ですが、こんな感じで、部署ごとに紙袋に入れられて、置いてありました。

たかが電球、されど電球。

数ヶ月にわたって努力(というと大げさですが)したものが、形になって返ってくるのは、嬉しいものです。

みんな少しだけそわそわしていました。

 

 

電球手渡しDSC_0194.jpg一人ずつ電球が配られていきます。社員もスタッフも1人2個支給されました。仮に首都圏の100万人の勤労者に2個ずつ、200万個の60WのLED電球を配布すると、8.1万kw減、年間削減電気代58億円、3年間で170億円(必要コスト30億円)だそうです!すごい金額になります。TVで取り上げられたことによって、ブームや社会現象になると、いいなぁと願いつつ。
 

 

 

 

 

水野さんと倉見さんDSC_0218.jpg社員も数名インタビューを受けました。

手前の女性はアナウンサーの倉見慶子さんです。とても美しい方で、インソースの節電プロジェクトにも熱心に興味を持って、取材してくださいました。 

 

 

 

 

 

 

インソースでは上記でもご紹介した待機電力をゼロにすること、エアコンを極力使わないこと、電球を減らすこと、冷蔵庫・ポットの使用を辞めたことで、電気代を月10万円以下に押さえることに成功しました。ムダを減らすことは業務改善の一環であるとも考えられます。この節電の動きを「ブーム」で終わらせず、続けていくことが大事ですね。

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら