2012年11月16日

タイムマネジメントは「個人」の業務改善です!

執筆者: WEBインソース編集部

時間泥棒に時間を奪われないために・・・
タイムマネジメントは「個人」の業務改善です!

いつも大変お世話になっております。
株式会社インソースの古屋でございます。


最近、改めて本を読もうと思いたち、図書館にいきました。
関東支社はオフィスの目の前に図書館があるのでかなり便利です。
しかし、1つ考えなければならないことがありました。
それは「読む時間の確保」です。


そこで、まずは自分が一番何に時間を奪われているかを洗い出しました。


私の場合は大きく2つ、時間泥棒を発見しました。


1つが、スマートフォンでの情報収集という名のネットサーフィンです。ただ、実際は特に目的もなくだらだらとニュースサイトを見てしまったりしていました。その時間、1日あたり、多いときで2時間!かなりの時間の費やしていることに気づきました。これについては、強制的に見れなくするよう、敢えて便利なアプリを減らしました。毎日利用していたものなので、やはり不便ではありますが、多少は我慢です。


2つ目がテレビを見る時間。
これも特に目的もなく家族と一緒にダラダラと見てしまっていました。これも1日1時間?3時間。これについては、見たい番組を決めてハードディスクに予約録画をすることにしました。そして、見るときも2倍速で見る。これにより半分の時間で済むようになりました。


この2つの時間泥棒の退治に成功したおかげで無事読書の時間を確保することが出来ました。


タイムマネジメントを考える上で一番最初にすることは、まずは自分の時間がなにに使われているのかを知ることです。インソースのタイムマネジメント研修でもまずは3日間の自分の時間の使い方を振り返っていただきます。

タイムマネジメント研修


意外に自分の時間の使い方って把握できていないものですよね。
「忙しい!」と慌てたときには、ぜひ一度立ち止まって時間の使い方を見直してみてください。

■公開講座?多彩なラインナップ、実践的なスキル・ノウハウを習得!

■研修・コンサルティングのお問い合わせはこちら